補助的に有酸素運動を取り入れる!

補助的に有酸素運動を取り入れる!

脂肪を燃焼させるためには欠かせない運動で、マシンを使った筋肉トレーニングなどの無酸素運動と組み合わせて行うことで、より大きな効果を得ることができます。
でも、なんだかきついイメージがあり、やるのが億劫になってしまいますよね。
しかし意外なことに、ただきつい運動ををすればいい、というわけではないのです!
今回は、有酸素運動の種類をご紹介し、時間と強度の設定などを解説していきたいと思います!

目次

・基本的な有酸素運動の紹介
・時間と強度の設定方法
・無酸素運動の補助として取り入れる
・トレーニングのペース
・まとめ

・基本的な有酸素運動の紹介

有酸素運動とは、弱い力で筋肉に刺激を与え、ある程度継続して行う運動を指します。
たとえば、ランニング、エアロバイク、水泳などの運動です。
これを20分以上行わないと、効果的に脂肪を燃焼させることができません。
それは、開始20分前後まで、血液中の脂肪がエネルギーとして使われるからです。しかし、20分を過ぎると、皮下脂肪、内臓脂肪が使われるようになるので、ダイエットなどの目的で行う際には、20分以上の継続が必須といえます。

・時間と強度の設定方法

・時間と強度の設定方法

上記でも説明した通り、これは20分以上行わないと効果が期待できません。
かといって、いきなり1時間以上の過酷なトレーニングをすれば、すぐに続かなくなってしまうことでしょう。特に、ダイエットを目的としたものでは、1回1回のトレーニングの強度よりも、継続するという目的のほうが重要になってきます。ですので、キツすぎないけど、楽でもない、くらいの強度に設定するのが一番です。
はじめのうちは20分継続して行うことを目標に設定しましょう。慣れてくれば30分、40分と時間を伸ばしていきます。
いずれにしても、自分が「きつい、やめたい」と思うような強度と時間を設定しないことが大切です。

・トレーニングのペース

はじめのうちは、週二回くらいで行うのがおすすめです。
「毎日やる!」と意気込んでしまっても、続けられなければ意味がないので、強度の設定と同じように、これくらいならできそう、というペースで行いましょう。
ただし、無理をしないといっても月一回、というようなペースではまったく意味がないので、最低週二回は行いたいところです。

・無酸素運動の補助として取り入れる

筋トレなどの無酸素運動と組み合わせて行うことで、より大きな効果を生み出すことができます。
筋トレによって、筋肉を肥大化させると、成長ホルモンの働きにより、脂肪を燃焼しやすい体になります。ですので、筋トレなどの無酸素運動の後に行うと、効果が高いということです。
おすすめは、筋トレ1時間、そのあとランニング30分、というように、無酸素運動の補助的に取り入れる方法です。この方法であれば、ただランニングを行うだけより、早く理想の体に近づくことができますよ。

・まとめ

今回は、基本的な有酸素運動のご紹介、そして効果的なトレーニング法についてご紹介してきました。
有酸素運動は、ダイエット目的で行う方が多くいますが、その大半がはじめからきついメニューを設定しすぎて、続かなくなってしまいます。一番大切なのは「自分にあった強度を設定して、続ける」ことです。ぜひ無理しすぎず、理想の体を目指してください!